乳腺外科

ホーム  »  診療科のご案内  »  乳腺外科

乳腺外科の診療について

日本では今、「乳がん」が急増しています。
乳がんは他のがんに比べて一般的に成長の遅いがんと言われていますが、ある程度大きくなり1cmから2cmになるのは2年もかかりません。だからこそ、2cm以下の早期乳ガンを発見するためには、毎月の自己検診と、定期的なマンモグラフィやエコーなどによる乳がん検診が必要です。

当院では視触診とともに以下の検査が受けられます。

・マンモグラフィ
・超音波(エコー)
・穿刺吸引細胞診

上記の検査で、さらに精密検査や治療が必要となった場合には、神奈川県立がんセンターなどの専門病院にご紹介しています。

また、当院では横浜市乳がん検診も行っています。(クーポン利用可)

当院では女性医師が診察しますので、 今まで一度も乳がん検診を受けたことのない方、乳房に気になる症状があっても受診をためらってきた方なども是非安心してご来院ください。
マンモグラフィ
超音波(エコー)
ページの先頭へ